月の宴 現代日本のエッセイ

作品の購入・閲覧にはログインまたは
会員登録が必要です

作品紹介

雪の残る屋根の向うに、赤くきらきら光る新月の背後から、80年の人生の重みをかけた一齣一齣は現われ、身内に鮮烈な記憶をよび起す。「雪景色の上の新月」ほか「月の宴」「親子の旅」「『たけくらべ』解釈への一つの疑問」「中野重治」「芥川龍之介」など、激しい体験をくぐりぬけた著者が、折々に出会った文学者・知己との思い出を静謐に語る、エッセイ49篇。波乱の人生、折々の思い出……。読売文学賞受賞作品。
著者:佐多稲子
出版社:講談社

現在1ファイルまでダウンロード可能です。



 こちらもオススメ