愛とおそれと

作品の購入・閲覧にはログインまたは
会員登録が必要です

作品紹介

自殺未遂に追いやられた高校生の息子。家族が新しい母を迎えた日から予測されたことなのか。お互いの気くばりや思いやりが微妙にくい違って、小さな波紋が輪を拡げていったすえの事件だった。愛はおそれや痛みを伴うものなのだろう。娘の恋愛もからませ、人と人とのつながりを暖かくこまやかな筆致で描いた、テレビドラマ化もされた名編。
著者:佐多稲子
出版社:講談社

現在1ファイルまでダウンロード可能です。



 こちらもオススメ