35歳やさぐれ処女が死にかけたら、天使が抱いてくれました(単話版)

作品の購入・閲覧にはログインまたは
会員登録が必要です

作品紹介

「これがお前の陰核か、控えめで愛らしいな」真面目に正直に生きてきた結果、35才で未だ処女の恵理子は、泥酔しながら嘆いていた。「なんで世の中に処女なんて概念があるのよ!」そう叫んだ次の瞬間、気付けば目の前には超絶美形のイケメンが現れて、命と引き換えに願いを一つ叶えてくれると言い出して!? 尊大な態度のくせに、丁寧な愛撫をしてくる彼に、心も体もすっかり虜にされてしまい――…。 ※この作品は「禁断Loversロマンチカ Vol.32」に収録されております。重複購入にご注意下さい。
著者:愛染マナ
出版社:ぶんか社

現在1ファイルまでダウンロード可能です。


七つの大罪
されど罪人は竜と踊る
 こちらもオススメ