灰色の午後

作品の購入・閲覧にはログインまたは
会員登録が必要です

作品紹介

「何と云われようと、知らないことは知らないんだから、僕はそう云うしかないんですよ」とあくまで居直る惣吉。突然に出現した女の存在に崩解し出した作家夫婦の危機。反動化し戦争に向う困難な時代に、共に立ち向うはずの折江の夫が、逆に女で家を出ようとする。取り乱し、媚び、たじろぐ女としての自己の崩れを見据る作家佐多稲子の文学世界の最高の達成点。
著者:佐多稲子
出版社:講談社

現在1ファイルまでダウンロード可能です。



 こちらもオススメ