逆説の日本史18 幕末年代史編1/黒船来航と開国交渉の謎

作品の購入・閲覧にはログインまたは
会員登録が必要です

作品紹介

アメリカを怒らせた幕末日本のお粗末外交!

嘉永6年(1853)、アメリカ東インド艦隊司令長官マシュー・ペリー率いる”黒船艦隊”が浦賀に来航した。「突然」の来航に浦賀奉行所は慌てふためいたが、じつはペリー来航の情報は、これより前にオランダ商館長より幕府にもたらされていた。ペリーは決して「突然」やってきたわけではなかったのだ。「何もしない」「問題先送り」体質にどっぷり染まった幕府は、アメリカ使節団への対応も後手後手にまわる。”偽奉行”に交渉させたり、「二枚舌」を使って交渉をのらりくらりと長引かせるなど幕府の「その場しのぎ」の対応に、当初は友好的な態度で交渉に臨んでいたアメリカ側は激怒。「砲艦外交」へと舵を切る……。しかしその後も、英語に堪能なジョン万次郎を「讒言」で交渉役から外したり、挙げ句の果てには条約文を意図的に「誤訳」したりとお粗末な外交を続ける幕府は、やがてその終焉を迎えることになる。
 大ベストセラーのシリーズ!ノンフィクションの金字塔、「幕末年代史編」第1部待望の電子版です!
著者:井沢元彦
出版社:小学館

現在1ファイルまでダウンロード可能です。


刑事専門弁護士
きみすみ
 こちらもオススメ