高杉晋作の手紙

作品の購入・閲覧にはログインまたは
会員登録が必要です

作品紹介

幕末の長州藩を縦横に走り回った高杉晋作は、時代を大きく旋回させて惜し気もなく舞台から去って行った。享年二十九――。一方で晋作は、厖大な手紙や日記、詩歌草稿を残している。手紙の相手は父母をはじめ、吉田松陰、久坂玄瑞、桂小五郎(木戸孝允)、山県狂介(有朋)ら、多岐にわたる。その行間からは幕末を生きた人間の生の息吹が伝わってくる。(講談社学術文庫)
著者:一坂太郎
出版社:講談社

現在1ファイルまでダウンロード可能です。


刑事専門弁護士
きみすみ
 こちらもオススメ