吉田松陰(1)

作品の購入・閲覧にはログインまたは
会員登録が必要です

作品紹介

長州藩きっての俊才として吉田大治郎(松陰)の前途は明るい。だが時代の嵐を察知する彼の目は外へ外へと向けられた。九州遊学中に出会った山鹿万介、宮部鼎蔵らの烈々たる尊皇攘夷の弁、平戸で見た数多くの黒船や異人の姿、大治郎は外圧の高まりを身に刻んで知った。彼は叫ぶ、神州の民よ、めざめよ、と。
著者:山岡荘八
出版社:講談社

現在1ファイルまでダウンロード可能です。



 こちらもオススメ