日本経済復活が引き起こすAKB48の終焉

作品の購入・閲覧にはログインまたは
会員登録が必要です

作品紹介

「AKB48 の人気はいつまで続くのか?」誰もが一度は頭に浮かべたこの疑問。総選挙の盛り上がりなど、現象面から人気下落の傾向は見られないとする向きもあれば、前田敦子をはじめとする相次ぐメンバーの卒業を凋落の要因と見る人もいる。ところが本書はこのテーマに対して、グループの持つ能力や現象面ではなく、まったく違う「経済的視点」からメスを入れる。著者は長年にわたり日銀の政策を批判し、「アベノミクス」を先取りして提唱してきたリフレ派の旗手。「アベノミクス」と「社会モラル」 という、2つの大敵との闘いを強いられるAKB48 の苦境と未来を「経済学」で、先取りして予測する。
著者:田中秀臣
出版社:主婦の友社

現在1ファイルまでダウンロード可能です。


刑事専門弁護士
きみすみ
 こちらもオススメ