ぼくは麻理のなか

作品の購入・閲覧にはログインまたは
会員登録が必要です

作品紹介

友達が一人もいない大学生の≪ぼく≫のいきがいは、コンビニで見かけた名も知らぬ女子高生を定期的に尾行することだった。いつものようにその娘を尾行していたら、突然記憶が飛び、≪ぼく≫はその娘のベッドで寝ていて、≪ぼく≫はその娘になっていた。その娘は≪麻理≫という名だった――――。 『惡の華』『漂流ネットカフェ』で話題の押見修造最新作。
著者:押見修造
出版社:双葉社

現在127ファイルまでダウンロード可能です。


陸王
 こちらもオススメ